FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雌堕ち(3)

下に伸びていた手が止まった。
「どうして欲しいのか言いなさい。」
太ももで止まっている手。
何か言わないと動きそうもない。
「お〇〇〇ん、、触ってください」
消え入るかのような声でつぶやく
「聞こえないよ」
そう来たか・・・
「お〇〇〇ん、弄ってください」
今度は少しはっきりと言ってみた。
「え?なんだって?えりこは女の子なのにお〇〇〇んついてるのか?」
「だめだろ。えりこのここはク〇〇〇スだろ。よくペ〇〇リなんて言う人もいるが、私は嫌いだな。」
そう言って、睾丸から竿までを大きな手で優しく包み込まれた。
「ほら、ここはどこだ?」
「ク〇〇〇スです。。」
「じゃあ、ここはなんて言うのかな」
指先が睾丸からさらに下へ伸びていった。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2016/01/30(土) 18:10:07|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バスタイム | ホーム | スキ・キライ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erico998.blog.fc2.com/tb.php/6-c7f1e0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。