FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリーダー(2)

しばらく無言のまま、道なりに歩いていると灌木が途切れた場所に出た。
「そこ右に入って。」
彼が後ろから指示を出す。
私は言われたとおりに道を外れた。
17時を回るとさすがに辺りは暗くなってきていた。
歩き始めて5分ほど経っただろうか少し開けた場所に出た。
すでに日も傾き、もう夜が近かった。しかし、その姿ははっきりと私の目に飛び込んできた。
段ボールとブルーシートが山のように見える異様な光景。
ここで生活する者の砦。
まるで集落を形成するかのような佇まい。
私は無意識に後ずさりしていた。
「行きなさい。」
彼に指示されるまでも、私にはそれが理解できていた。
今、ここで行われようとしている狂宴について。

前回、ここへ訪れてきた時に彼は偶然ここのことを知ったそうだ。
地元の私にとっては周知の事実だったけれども。
数日後、再び彼はここへ来た。手土産を携えて。
馴染むのは割と早かったそうだ。
手土産も功を奏した。
すっかり打ち解けた彼は、住人たちとある約束をして帰ったという。
次回には飛び切り最高なお土産を持ってくると。
それが私だった。

再訪を歓喜する4人の住人。
彼は携えていたバッグから一升瓶を取り出した。
「おお、また持ってきてくれたのか。」
酒焼けとも垢とも言えない薄汚れた顔がほころぶ。
あっという間に数人の人だかり。
「まあ、中に入って入って。」
促されるままに、その中の一棟に迎え入れられた。
「おお、兄ちゃん、今日はこんなに別嬪さんを連れてきてくれたのか。」
「こりゃ酒がうまいわ。」
「ねえちゃん、綺麗だの。」
賛辞が口をつく。
悪い気はしなかった。ていうか、私の正体には気づいていないのか。
電気のない集落ではどこからか持ち寄ったランプだけが唯一の光源だった。
そのおかげでばれずにすんでいたのだ。
見かけには多少の自信もあったし。
念入りにメイクもしてある。
お気に入りの香水も。
ひとりのおやじがしきりに鼻を鳴らして近寄ってきた。
「いい匂いじゃ。」
「こんないい匂い嗅いだのはもう何十年ぶりかの。」
近寄られるととにかく臭かった。
私は耐え難い臭いにこの場を離れる方法を考えた。
「あの。。トイレ・・・トイレはありますか。。」
消え入るような声で尋ねてみた。答えは想像したとおりだった。
「ねぇよ。」
「来た道、戻って駐車場。」
笑い声が満ちた。
この暗い道を引き返す勇気は私にはなかった。
「誰かついていってやれよ。」
無責任な声。
いやいや、ここの誰かについてきてもらったら、とんでもない事になる。
そう判断したのは私だけではなかった。
「ここでせさて貰いなさい。」
彼だ。
「この子は私の言うことは何でも聞くから。ほらね。」
そういって、コートの中に隠していたリードを引っ張ってみせた。
「おおおっ」
歓声がどよめいた。
コートがはだけ、下着姿が披露されたのだ。
「おお、そこでやれ。」
ひとりが木の箱を顎で指した。
入り口近くに置いていた木の箱。その上でしろと。
放尿ショーが始まった。
さすがに前を向いてはできない。
察したかれも後ろ向きを指示した。
真っ赤なパンティを脱ぎ、欲しがる一人の男に奪われた。
コートは着たままだ。
一瞬の静寂。
放尿する音がブルーシートを叩く。
一人の男が覗こうと回り込む。
はっとしたが三人が制した。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2016/02/02(火) 15:19:47|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリーダー(1)

「今日は外に出かけよう。1時間で迎えに行く。」
彼からの指示があったのが15時。
半月ぶりの逢瀬にも感傷に浸る暇はなかった。
慌てて支度しなければ。
バスルームに飛び込み、ヘアのチェック。
彼との契りを交わした折、全て剃りあげられたあそこの毛もうっすら生え揃えている。

何を着ていこうかな。
決め手となる基準はただ一点。
彼に喜んでもらえる恰好だけである。
あの日から何度も女としてと言うより、雌としての扱いを受けてきた。
私自身、この数か月ですっかり雌として、性奴としての自覚が芽生えていた。
約束の16時を5分過ぎたころ、私の携帯短く唸った。
春らしい薄いピンクのワンピースにカーデガンを纏い、下着と同色のヒールを選ぶ。
辺りを気にしながら、エレベーターに乗り込む。
淡い色のサングラスに大きなマスク。
ヒールのおかげで、一般的な女性よりも大きく見えるが、すれ違っただけではまず正体はばれないだけの自信はあった。
それでも足早に駆けているのは恥ずかしさよりも嬉しい気持ちからだった。
エントランスを抜けると大きなバンが停まっていた。
運転席には見覚えのある人影。
私は躊躇うことなくドアを開け、助手席に滑り込む。

「車、いつものと違いますね。」
はやる気持ちを見透かされないよう、努めて普通に話しかけた。
「いい天気だな。元気だったか。」
ゆっくりと本通りに向けて車は走り出す。
陽気と車内の暖房のせいで、すこし汗ばむ。
私が暑いと言い出す前に、ウインドーが少し開いた。
「仕事に使ってる車だよ。」
私は彼のフルネームも、年齢も、住所も、もちろん職業も知らない。
当然、彼も私のそれを知らない。
そういう取り決めもしてあったし、それに不服もない。
車の中を見回しても、情報につながるようなものは一切なかった。
別に知りたくはないけど。
私は心の中でつぶやいて、居心地の悪さと小さな不安を感じていた。

走り始めて30分程経った時、唐突に紙袋が渡された。
「それ、今日はそれつけて。」
可愛いわんことにゃんこのイラスト描かれた紙袋。
中には真っ赤な首輪が入っていた。
今日はこれを付けてお散歩か・・・
私は以前、彼と歩いた公園を思い出していた。
今日もヒールを履いていた。
男としては普通の体躯でも、女性とすれば、少々規格から外れている。
ましてヒールを履くとなると、180センチは下らない。
私は彼の後ろを文字道理、三歩下がって歩いていた。
そんな私の手を引いて、並んで歩いてくれた彼には正直、胸がときめいた。
昼間でも人気のないさみしい公園。遊歩道が樹木の間を縫うように走っている。
私はそんな彼の優しさに甘えるように腕を組み歩いた。
車も多分そこへ向かっていると思われた。

露出調教には丁度いい公園だと認識していた。
しかし・・・あの公園にはもう一つの顔がある。
人気のないさみしい公園には、それが丁度いいと考える人種が私たちのほかにもう一種類いたのだった。

大型犬用にしては無骨感は全くなく、どちらかと言えば可愛い気もするその首輪を私は自分で自分の首につけた。
真っ赤な革の首輪。
雌化した私にはよくお似合いだろう。
リードを付けられて歩く姿を想像するだけで頭が痺れた。
「服は脱いでおきなさい。下着だけでいい。」
そういいながら彼はベンチコートを渡してくれた。
「寒いから、これを羽織ってなさい。」
私は言われた通りの恰好をした。
偶然にも、首輪と同じ真っ赤なランジェリー。赤いヒール。
「赤備えだな。」
そう言ってほほ笑む彼だが、なぜだか優しさは消えていた。

公園の駐車場に車を停めると、彼は脇にある公衆トイレへ向かった。もちろん私も。

小用便器の前に立つ彼。
私はズボンのファスナーに手をかける。
彼のペ〇スを取り出すと、優しく手を添える。
「どうぞ、ご準備できました。」
暖かい蒸気が頬を撫でる。
満足そうにしている彼を見上げ、仕上げにかかる。
軽く扱きあげ、亀頭を口に含む。
ありがとうと言って頭をポンと撫でられる。
まるで小さな子にお手伝いを褒めてあげたかのように。
私も素直に嬉しいと感じた。

「さあ、行こうか。」
彼が私の首輪に繋がれたリードの先を掌にくるくると巻き付けた。

今日、私の至福はここで終了していた。
ここから先、薄暗い歩道の先には、想像超えた出来事が待っていた。
  1. 2016/02/02(火) 10:45:34|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌堕ち(4)

声が出ることを我慢していると、それを見透かしたように言い放った。
「どこをどうして欲しいのか、お願いしなさい。」
まるで下の口に問いかけているかのように周りをゆっくりと指で撫でている。
塗り薬をすり込むようなその手つき。
私は声を絞った。
「お〇〇こを、えりこのお〇〇こを可愛がってください。」
「欲しいのか?」
私の手を掴み、股間へと誘う。
私は私にしてもらったように睾丸を掌で包み込んだ。
これが私を本物の女に変えてくれるのだ。
そう思うとそれはとても愛しく思えてくる。
私にとってそこはただの器官から、愛すべき対象へと変わる。
ゆっくりと起き上がった彼は、私の手を取りベッドから床へ移動するよう促した。
床に座らされる。
目の前、数十センチに反り返った肉棒。
男は黙って私を見下ろしていた。
  1. 2016/02/01(月) 12:34:56|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌堕ち(3)

下に伸びていた手が止まった。
「どうして欲しいのか言いなさい。」
太ももで止まっている手。
何か言わないと動きそうもない。
「お〇〇〇ん、、触ってください」
消え入るかのような声でつぶやく
「聞こえないよ」
そう来たか・・・
「お〇〇〇ん、弄ってください」
今度は少しはっきりと言ってみた。
「え?なんだって?えりこは女の子なのにお〇〇〇んついてるのか?」
「だめだろ。えりこのここはク〇〇〇スだろ。よくペ〇〇リなんて言う人もいるが、私は嫌いだな。」
そう言って、睾丸から竿までを大きな手で優しく包み込まれた。
「ほら、ここはどこだ?」
「ク〇〇〇スです。。」
「じゃあ、ここはなんて言うのかな」
指先が睾丸からさらに下へ伸びていった。

  1. 2016/01/30(土) 18:10:07|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキ・キライ

跪いて咥えるのが好き。
目の前に突き出された怒張されたものを見ると胸が苦しくなる。
雌のスイッチが入る。
口の中で、ゆっくりと大きくなる感じも好き。
ワタシガボッキサセタノダ。
口の中で果てさせる。
ワタシガイカセタノダ。
でも、上手いねって言われるのはちょっと嫌い。
  1. 2016/01/29(金) 15:12:06|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。